サツキが入学した小学校までは徒歩25分。
マンションのほとんどの子供が通う学校よりも少し遠くなります。
当時、学校選択制度があり、夫と私とサツキで選びました。

入学した翌日から毎日、父が途中の公園まで送り迎えしていました。
連休が明ける頃、サツキはWくんと二人で行きたいと言い出して...
「お父さんが一緒じゃなくても、私、大丈夫だから!」
「サツキがそう言っているなら、そろそろ...」と私も言いましたが、
道中が心配で仕方がない夫は、送迎を続けました。


サツキの様子が変わったのは2学期初日からです。
朝から顔がこわばり緊張しているのがわかります。
何度もトイレに入ります。
「時間に間に合わないだろ!」と怒鳴る父。
ドアを出たと思ったら、カサやハンカチが無いと慌てて戻ってきます。
マンションの下から、父の声が聞こえてきました。
「何で毎回そうなんだ!」

途中、クラスメートに会うと「○○ちゃんと一緒に」と行きかけますが、
泣いて父のところまで戻り、また友達のところへ、でもまた戻る...
それを何度も繰り返すので、また怒鳴る...
学校まで一緒に行き、担任の先生に泣いているサツキを預けることも。

教室では普通に過ごしていました。
帰る時は元気で、放課後は友達とも良く遊んでいました。

毎朝のサツキの様子に、父は苛立っていました。
私が送るから、と言っても聞き入れてはくれません。
緊張の度合いは日によって違いました。父のイライラも同様です。
「オレはもう無理だ。頭がおかしくなりそうだ。送るのをかわってほしい」
そう言ってきたのは、サツキが2年生になった5月末のことでした。


*・⌒・*・⌒・*・⌒・*・⌒・*・⌒・*・⌒・*・⌒・*・⌒・*・⌒・*・⌒・*・⌒・*・⌒・*・⌒・*
2007年(サツキ - 小学2年)私のメモから

5/30 行ったり来たり
5/31 鏡を取りに戻る
6/ 1  戻りなし 振り返りながら行った
6/12 車止め手前でバイバイ
6/18 お腹が痛い、遅刻
6/19 髪型がイヤと泣く 
6/20 噴水横
6/23 朝泣く タオルが無いと騒ぐ 長袖カーディガンを取りに戻る
7/ 3 トイレに5回 下に降りてからもトイレと泣く 私も泣きそう
7/ 5  噴水 OK
7/12 噴水 Good!
9/ 3  公園手前
10/18 交番で、やったー!!

このメモは2年生最後の日まで続きます。


サツキが少しでも楽な気持ちで行けますように...
大丈夫、そんなに緊張しなくてもいいのよ...

泣きながら登校する時は、小さいタオルと手鏡を持っていました。
タオルで涙を拭き、鏡で自分の顔をチェックします。
泣き顔がひどい時は「顔がイヤだからゆっくり行く」というように。

「サツキが見えなくなるまでずっといてね。先に帰らないでね」
振り返りながら登校していきました。

少しずつ落ち着いて、別れる場所も手前になってきて...
「ママ、明日から来なくていいよ」と言ってきたのは、
近所の仲良しMちゃんが、同じ小学校に入学したからです。


___________________________________________________________
抱っこ法の先生に相談
寝る前にサツキを膝に乗せ「今日1日頑張ったね」と抱っこタイム
夜中に突然、泣き叫ぶことも度々
↑夜驚症(やきょうしょう)、分離不安障害をネットや図書館で調べました
# by yotsuba0623 | 2010-01-07 01:01 | 不登校以前