<   2013年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

    
私は長い間、夫から離れたいと思っていました。
私と娘たちを縛り付ける夫から解放されたいと……
些細なことに腹を立て、手こそ上げませんでしたが、大声で怒鳴る夫。
引きつった顔で、私に向けられた容赦ない言葉の数々。
それが幼いサツキとメイにも……
今、これを書きながら思い出しただけでも涙が流れます。
娘たちが不登校になってからの夫は、ただ踞っている印象。
その頃の私は、夫の足音が我慢できなくて、
夫が廊下を歩く度に自室で耳を塞いでいました。

d0258224_16321419.jpg

復学支援は、夫婦の足並みが揃うことが基本、
私たちの間の大きな溝を埋めようと頑張りました。
機能していなかった家族の関係を立て直すことが、
娘ふたりの継続登校には必要でしたから。
このまま何とかなりそうと思えたり、やはり無理と感じたり……
聞く耳を持たない態度に悲しくなると同時に、以前のことが思い出され、
夫を許す気持ちにどうしてもなれなくて……
昨年の10月頃もそうでした。
この辛さはやはり吐き出しが必要?どこかカウンセリングへ?
そんなことも考えていました。

d0258224_1624312.jpg

11月末、同じ市内に住む義母が、
首・背中・腰に激しい痛みを訴え、動けなくなってしまいました。
持病をかかえ通院が必要な義父とふたりきりの暮らしが難しくなり、
時々、作った食事を持って行ったり、掃除に行くようになりました。
夫は「忙しいのに悪いね、ありがとう」と、私に毎回頭を下げ、
私への態度も軟化したように感じたのです。
トゲトゲしたものをこちらに向けなくなった……
一緒に実家に行った日の帰り道、
「スーパーで一緒に買い物しよう」と誘いました。
それこそ清水の舞台から飛び降りる覚悟で。
そんなこと、と笑わないで下さいね。
夫を誘うのは、私にとって、とても高い高いハードルなのです。
以前書いたもんじゃ焼きや、スケートへ誘ったのはこの後です。
一緒に過ごす機会を増やしていくうちに、ハードルが下がってきました。

「聞いてくれよ!○○○○から仕事が来たんだよ、凄いだろ!!」
「え〜〜っ!ホントに??お父さん、素敵!ガンバって!」
なんてことも言えるようになりました。またまた笑わないでね (^_^;)
最近、歩み寄れていると思います。
気持ちがずいぶんと楽になってきました。
辛かった事は、しばらく心の奥のほうへ仕舞っておけそう……

義母は杖をついて外を歩けるようになりました。
夫は忙しい中時間を作り、歩く練習に付き添っています。
少しずつ歩ける距離が伸びてきているとか……ありがたいことです。

d0258224_16245086.jpg

人は変えられない。
まず、自分から。
何度この言葉にぶつかったことでしょう。
義母のことが大きなきっかけとなり、階段をまた一段のぼれたかな?

d0258224_16254677.jpg

写真は、私がMさんのところで教わった「アネモネのアレンジ」
どんどんお花が開いてきてギュウギュウ(笑)
お花はどれもアネモネです。玄関が華やかになりました♪




にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
↑いつも応援をありがとうございます (*^-^*)ゞ
by yotsuba0623 | 2013-02-20 16:34 |


クラスメートがスキー教室へ出発する頃には、元気になっていたサツキ。
月曜日に治癒証明が出て、火・水曜日は昼ごろに登校して行きました。
出欠をとり、宿題提出のみですぐに帰ってきたのですが、
サツキとMaoの他にも数人いたそうです (^_^;)



d0258224_1356146.jpg
これを作ったのはメイではありません。
何を思ったのか、サツキが突然アイロンビーズを始めまして (*^^*)
ara○hiの「君僕」から(ひとりは下↓に)。
これはネットに上がったのを見ながら作っていました。
今度は録画やDVDをリピートしながら、セ○ゾシリーズで作り始め……

d0258224_13573164.jpg


レモンくんのゲージを置いていたところをきれいに片付け、
素敵に飾り付けしたりして、

d0258224_1359303.jpg


後半は、暇、ヒマーの声は聞こえてきませんでした。


今回のお休みの前半、
サツキとリビングで一緒に過ごしていると……

窓から入る光、季節もあの頃と同じ。
2年前は毎日こんな感じだったな……

時々、そんなことがふっと湧いて来て、その度に何だか居心地悪く感じて
しまい、私はキッチンに立ったり自室に行ったりしていました。

後半はサツキが家にいることにすっかり慣れてしまいましたが、
お休み10日間は長かった〜 (*_*)
木曜、金曜日と元気に登校した!と、思ったらすぐに3連休 (-ω-ll)
サツキは3日ともお弁当持ちで部活です。
入学式で演奏する曲を練習しているそうです。

家に帰ると、相変わらずアイロンビーズでセ○ゾシリーズ作成続行中。
そろそろテストを見据えて、勉強するといいのに......と思うのですが、
想定外のスイッチがONになりました (^_^;) 



にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
↑いつも応援をありがとうございます (*^-^*)ゞ


サツキの一週間です。

先週の土日、先輩が出るアンサンブルコンテストの応援へ行きました。
朝から夕方まで、たくさんの人がいる会場に友人Maoとずっと一緒でした
d0258224_2535093.jpg
私が土曜日に行ったレストラン下のパン屋さんの大きなクッキー、
サツキとMaoに1枚ずつ買ったのを、サツキは喜んで持って行きました。
夜ごはんも一緒に食べたい!という程、今、仲の良いふたりです。


月曜日‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥★☆★
インフルエンザによる休みが増え学級閉鎖に、1時限のみで帰宅。
「暇、ヒマーー、何か面白いことない?」と度々私に言ってきて、
「あーヒマ、学校に行ってるほうがずっとマシ、早く学校行きたーい」
嬉しいひと言が聞けました (*^m^*) ムフッ


火曜日‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥★☆★
お昼前に起きて、しばらく3DS、宿題を少し。
その後、好きなグループセ○ゾの曲の耳コピ*を始めました。
( * 曲を耳で聴いてコピーする → 楽譜を起こす)
夜「ノド痛いかも」(・ω・; エッ?
「Maoが昨日の朝、早退して、メールの返事がないんだ」(・ω・;|| エッー!

水曜日‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥★☆★
遅く起きて、耳コピ。
夕方、ようやく宿題をやる気になりました!
毎日熱を計り記入する用紙があることに気づき、計ってみると、
37.1度 → 2時間後 37.5度「ご飯食べたすぐ後だからだよね!」
咳をした後は「今のは気のせい!大丈夫大丈夫、行けるよねっ」
サツキは心配を打ち消すように、明るくふるまっていました。
夜、36.5度。

木曜日‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥★☆★
学級閉鎖明け。
朝、36.0度 ヽ(≧∀≦)ノ やった、さらに下がった!
咳止めが欲しいのと、やはりインフルの検査は必要と思い病院へ行くと、
検査結果を待っている時に隔離部屋へ行くように言われ…… Σ(・ω・;|||?
「A型です」
平熱なんです!食欲もあるし、本人いたって元気ですが??
水曜日に発熱しているので、治癒証明を出せるのは月曜日とのこと。

日曜日からのスキー教室は参加できなくなりました。 

帰宅するまでサツキは私とは並ばず、一歩後ろを歩いていました。
というのも「パソコン、テレビ、ゲームは無しね」と言った時に、
「今までずっとヒマだった。熱もないのに?そんなの我慢できない!」と
泣き出してしまったのです。確かにそう……
行けなくなったことのショックと、更にまた1週間の休みです。
「無しね」と不用意に言ってしまったことを反省しました。
帰宅後「今回は行けなくなってしまって残念だったね」のあとに、
熱もなくて元気そうだからパソコン、テレビ、ゲームの制限はしないけれど
控えて欲しいと思ってる。熱が上がったら無しね。
それから、メイと同じ部屋に居ないように、と伝えました。

夜、二晩お風呂に入っていないから、入りたいと言ってきたので
軽くなら、とOKしましたが、出た後に計ったら38.0度。
サツキ自身、とても驚いていました。私も甘かったとまたまた反省 (>_<) 


金曜日‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥★☆★
高熱。

土曜日‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥★☆★
平熱に。


スキー教室は予定通り、日曜日早朝出発だそうです。
サツキと同じように行けない子が、クラスにもうひとり……Maoでした。
月曜日に発症したけれどなかなか熱が下がらず、長引いてしまったとか。
「ふたりして○○でもらって来てしまいましたね」と部活動顧問の先生。
あたたかい励ましのお言葉をいただき、サツキに伝えたら、
表情がぱ〜っと明るくなりました。


行かせてあげたかったな、初スキー♪


♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪

旅行代金は少しですが戻ってきます。
夫と相談して、その中からサツキが希望したセ○ゾのサマリーDVDを購入、
持っていく予定だったお小遣いはサツキに渡す事に決めました。

それを伝えると、元気になりましたよ (^_-)☆

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪




にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
↑いつも応援をありがとうございます (*^-^*)ゞ