<   2011年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

メイは次の日も、そのまた次の日も体調不良を訴えました。
以前なら、病院へ行ってその後に学校へ連れて行こうとしていたはずです。

でも、私にはその気力が無くなっていました。
行きたくないと言う娘を動かすことに疲れてしまいました。

更に、メイのクラスがインフルエンザで学級閉鎖になました。
それが明けてからも、メイは行こうとしません。

このまま二人揃って行けなくなるかもしれない。
とうとう、恐れていたことに......

============

夫も私も自宅で仕事をしていましたから、
誰も通勤しない、誰も登校しない日々が始まりました。


わが家のマンションの下は登校の集合場所になっています。
その声も聞きたくなくて...
8時過ぎに起きて、それから遅い朝食の準備をはじめます。

仕事をしていても全く集中できませんでした。

============

この年。私は友人と一緒にメイのクラス委員をしていました。
体調を崩してお休みされている担任の先生と、
長く入院しているクラスメートに千羽鶴を送ろうと計画していました。
冬休みに全員で折った鶴を集め、友人とふたりで千羽鶴を仕上げました。
そしてそれを届けようと校門に足を踏み入れた時、
サツキとメイの机と椅子が頭に浮かんできました。

それぞれが座っているはずの椅子...

クラスメートが笑顔で過ごす中に、ぽつんと空席のまま...

それを思うと涙があふれてあふれて...


メイのクラスに行くと、みんなが声をかけてくれました。
「メイちゃんのママ!メイちゃんは?」
「何でお休みしているの?」

「少しお休みしたらまた来るからね...」

教室には図工の先生がいらして、私に声をかけて下さいました。
「メイちゃんの作品、大好きです。
 メイちゃんに学校に来てね、待っているよって伝えて下さいね」

その言葉が嬉しかった......

先生に千羽鶴を託し、急いで学校を後にしました。



この日から私は、校門をくぐることが出来なくなってしまいました。
by yotsuba0623 | 2011-01-28 01:01 | 不登校中
サツキが飼い始めたハムスターのレモンくんをみて、
メイもハムスターを欲しがりました。

メイの誕生日は先月末で、過ぎたばかりですが、
毎朝ひとりで登校していて「気持ち悪い」と言い始めていた頃でもあり、
「頑張って行っているね、これからもね」
と応援する意味で飼う事にしました。

ペットショップで何匹か手に乗せ、おとなしそうな子を自分で選びました。
d0258224_15143077.jpg
「名前、何にしようかな~」
すぐに決めずにゆっくり考えることにしたようでした。





「ママ、目が怖い...」


次の日の朝、メイが私に言った言葉です。

サツキが休んでいて、さらにメイが行かなくなってしまったら...
それはどうしても避けたい事でした。
ここ数日のメイの様子から、不安が顔に出てしまっていたのでしょう。

これではいけない、笑っていなくては。
そう思い直して見送ろうとしましたが...

メイはランドセルを背負ってドアを出てすぐ、
「気持ち悪い、吐きそう」
そういって部屋へ戻り、うずくまり動かなくなってしまいました...

夫はこの日は外出。
私はカウンセリングの日。
少し落ち着いた頃に聞いてみました。

「お母さんは出かけるけれど、サツキと留守番できる?」
「ううん、できない」
「一緒に出て、そのあと大丈夫だったら学校へ行こうか」
「うん」

ランドセルを背負ったメイを連れて、カウンセリングへ行きました。
話しを聞いて下さるのは30歳くらいの女性、場所はゆったりした喫茶店。
大きなテーブルの端で私は小声で先生と話し、
少し離れて座ったメイはハムスターの名前をずっと考えていました。


先生とお別れした後、小学校の前を通るバスに乗りました。
私が「さあ、降りよう」と言っても、メイは首を横に振るばかり。
窓際に座って、通り過ぎる小学校を目で追うメイ。

「今は行けないの。ずっとあとになったら行くから」


そして本当に、この日から完全不登校となりました......
by yotsuba0623 | 2011-01-20 01:01 | 不登校以前
昨年末に予約していた病院へ行きました。

問診の他に、血液、尿、レントゲン、心電図(起立検査)などの検査で次々と部屋を回りました。
すぐに結果が出て、先生に言われたのは「特に異常なし」
この頃、特に体調不良を訴えていたわけでは無いので、納得できました。

「学校に行きたい?」
先生の質問に、サツキはうなずいていました。
「診療内科の先生と話しをしてみて。何か手助けできるかもしれないから」

診療内科の予約が取れたのは1ヶ月後、2月16日です。

身体は大丈夫と言われて安心しました。
診療内科で診てもらったら何かわかるかもしれない。

今は休んで、サツキが動きたくなるのを待つ他はないのかも、
と思い始めていました。
by yotsuba0623 | 2011-01-18 01:01 | 不登校中
この頃サツキは、
「わんちゃん欲しい」
「ドールハウスを作りたい」
「将来は里親になって、その子の願いを叶えてあげるんだ。
 欲しいと言ったものを買ってあげたいの」などと言っていました。
小さい頃から
「たまごっちダメ」「DSもWiiもダメ」
「クレヨンしんちゃんも見ちゃダメ」
そんな家でしたから、そう願うのも仕方ないと思っていました。

「誕生日にわんちゃんは無理だよね。それなら熱帯魚がいいな」

生き物を飼うのは最初から反対していた夫、
「イヌネコのいる家でご飯なんか食べたくない」と言うほど...
でも夫が小学生の頃、熱帯魚を飼っていたので、
熱帯魚だったらOKとなるかも?と思っていました。

近所のMさんが熱帯魚を飼っているので、見せてもらう事になりました。
サツキと一緒にお邪魔すると、水槽の前に可愛いハムスターが...
Mさんは以前飼っていたことがあって、
2歳になる息子さんと楽しんで育てたいと思い、 また飼い始めたばかりと。
サツキは熱帯魚はチラッと見ただけで、ハムスターの前から離れません。

口数の少なかったサツキ。父に対しての不満は態度で表していました。
なごやかに過ごす時もありましたが、
父が自分のテリトリーに入りそうな時は激しく拒否していました。

睨む。
「イヤ!」と言う。
最後には「あっち行って!」と叫ぶ。

「そういう言い方ではなくて、サツキが思っていることは、
 もっと普通に口に出して伝えていいのよ」と何度か伝えていました。

「お父さんに、サツキの誕生日に何が欲しいか、
 自分の口から言ってみよう。私が近くにいるから」

その日の夜......

サツキ ハムスター、飼いたいの
父   ダメ
サツキ なんで? 
父   オレはイヤだね。生理的に受け付けない。
    子供の頃、欲しいと言って すぐに買ってもらえなかった。

この後も否定の言葉が続きました。
それを聞いて泣きだすサツキ。

私   私も同じ、欲しいものなんて買ってもらえなかった。
    でもね、今のサツキをみて!
    勉強も手に付かないサツキが飼いたいって言っているの!
    私はサツキがやりたいと思うことは出来る限りやらせてあげたい。
    飼ってみてサツキがどうなるか見てみたい!

そしてMさんの家に見に行ったことを伝えました。

父   サツキが熱帯魚を飼いたいっていうから、オレも行ったんだよ

驚きました。見に行ってくれていたなんて。
でもその時、Mさんは不在で、ご主人のタカさんがいらしたそうです。

父   ハムスターなら俺もみたよ。
    タカさんはイヤだったんだって、急にMさんが買ってきて。
    でも見て見ぬ振りするのが一番って思って何も言わないって...」

それを聞いていたサツキ。

お父さんもそうなって!
タカさんみたいになればいいのに!
何も言わないで見ているようになればいい! !!

その後すぐにパジャマを持ち、お風呂へ行こうと 私の側を通る時に、
「サツキ、ちゃんと言えたよ」
と小声で 言って、指にはピースサインがありました。


そうだね、言えたね。
思い切って自分の気持ちを言葉に出来た!


この後、夫と私が話しをしてハムスターを飼って良いことになりました。


ー*-*-*-*-*-

次の日
Mさんとサツキがハムスターを買いに行く時に、
一緒に行きたいと言い張った夫...
サツキはもちろん拒否。

「サツキの喜ぶ顔が見たかったんだ」

ー*-*-*-*-*-

d0258224_14344722.jpg

黄色い毛のハムスター、名前はレモンくんになりました。
by yotsuba0623 | 2011-01-17 01:01 | 不登校中
大晦日の夜、サツキはテレビで初めてジャ○ーズカウントダウンコンサートを見て、その後の番組も見ていました。
夫が来て「早く寝ろよ」
サツキは顔を見ずに「はい」

遅い元旦の食事の時、会話はありませんでした。
同じ市内に住む夫の両親の家にご挨拶に行くのが毎年の事ですが、
「行かない」と、サツキ。
その態度にまた苛立ちを見せる夫。

*・⌒・*・⌒・*・⌒・*・⌒・*・⌒・*・⌒・*・⌒・*・⌒・*・⌒・*・⌒・*・⌒・*・⌒・*・⌒・*
元旦のメモから

私「昨日、なぜサツキが泣いたのかな……
  もっとお父さんはサツキと話しをしたほうが良いと思う」
夫「オレはサツキと話しをしているよ」
私「寝るように言った時、サツキは背中を向けたままだった。
  それで話してるとはいえない」
夫「なんだよ、もういいよ!そうやってオマエがかき回すから!!」
怒って、色々と私に言ってきました。
サツキのところにも起きるように何度も言いに行っていましたが動かず。
夫「さっき言ったことは全部オレが悪いということでいいから、
  サツキと○○へ行って下さい」

その言い方に悲しくなりました。
2日午後になってようやくサツキが動きました。


その後は、私の実家に行き、伊勢から友人一家が泊まりに来たりと、
例年同様に過ごし、最終日、サツキは友達と映画へ出かけて行きました。

夜、私のほうから
「明日の用意する?」
「うん、一緒にやろう」
準備を始めましたが、サツキは途中でやめてしまいました。

始業式の朝、やはり起きて来ません。
体調不良を訴えてはいませんでした。
メイは行ったけれど、サツキは動かず...

11日 11:30起床
12日 10:30
13日  9:15
14日  9:15

メイが学校から帰ってくるまで、布団の中で過ごしていました。
その後、起きても口数は少なく表情も暗い。
夜、眠れないと言ってくる時もあり、
お風呂に入ってから「頭洗って」と言ってきたこともありました。

冬休みが終わっても行けない......
予約した病院で診てもらったら何か変わるのだろうか......

メイの様子が気がかりでした。
夜、支度をするのに動きが重く、
朝「気持ち悪い」と言い始めていたのです。

___________________________________________________________
市の教育相談
休み始めた頃から、冬休みの様子を報告しました。
「サツキちゃんのカウンセリングはもう少し色々と整理されてから。
 まだ不登校とまでは言えない」
具体的に、指示があるわけではありませんでした。
私が不安に思っていることを聞いていただいていました。
それだけでも、予約した日には出かけて行こうと思えました。
by yotsuba0623 | 2011-01-13 23:59 | 不登校中