<   2010年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

   
シーカヤックで出会い結婚した私達は、日本全国の海へ出かけました。
海へ出るか出ないか、先に進むかどうか、その時の海の状況で判断します
「行けるよ!」とイケイケな私。
「いや、止めておこう」と夫。
万が一、ひっくり返ってしまった私をレスキュー出来るかどうかで判断していた夫。その判断は信頼できるものでした。
私は会社を退職し、フリーランスになりました。
自宅での仕事も上り調子で多忙でしたが時間を作って海へ出かけました。
夫は結婚後、パソコンで出来る仕事へ変更。
作品作りと売り込みを繰り返し、少しずつ依頼が増えていきました。
数年後、私は仕事 + カヤックで無理がたたって腰を壊してしまいます。
腰痛が落ち着いた頃にサツキがお腹の中に…

その頃からです、夫が変わってしまったのは。
心配症が前面に出てきました。
サツキが誕生すると、それはもう喜んで。
でも「清潔」にとても神経をとがらせます。
サツキと実家へ帰った時、両親と遊んで笑顔いっぱいだったのに、
後から来た主人が「あれを触っちゃダメ」「これは口にしてはダメ」と
言い続け、サツキは泣いてばかりに……
私を縛り付け管理しようとして思い通りにならないとすぐに怒鳴りました
俺がイヤだから、俺が心配だから、オレが、オレが!!!

「何故こうなのか…」疑問に思いながらも、私は自分の仕事とサツキと、
まもなく生まれたメイの事で精一杯でした。
市内の環境の良いマンションへ引っ越し、心機一転。ここで頑張ろう!
そう思っていましたが、夫はマンションの環境クラブに参加、
そちらに没頭していきました。
土日は会合へ、平日は芝生の草むしりと池の掃除(ボランティアです)。
芝生に自転車で入った子どもを怒鳴り、小川に入った子どもにも同様に。
家の中でも些細な事ですぐに怒り出し、家族にあたってきました。
食事中、誰かの些細な事に苛立ち、自分の箸を投げつけ怒鳴り、
ドスドス歩いて自室へ。気持ちを落ち着けて戻ってくるけれど、
次は別なことに怒ってまた自室へ、真っ赤な顔で何度も行ったり来たり。
「夫は、何故こうなのか…」

私の仕事は忙しく〆切りに終われ、土日の休みもなく徹夜ばかりでした。
娘達の登校が不安定になり、夫とのことも頭から離れることはなく、
なかなか仕事に集中できず「ミスが多い」と指摘されることも度々。
夫の仕事は少なく、経済的な事も娘達も私の肩に乗っている状態に。
家計がどうなっているか聞いてほしい!そう持ちかけても、
「オレを非難するのか」と耳を塞いで、私に背中を向けました。

私はもう、夫の前では笑えなくなってしまいました。
廊下を歩く足音すら嫌になり、夫の存在が重く苦しくて苦しくて……
これ以上、一緒に生活できない。
娘達を連れてここを出よう!
学校の近くに部屋を借りて、まずは夫から離れて暮らしたい!
そう思うようになりました。
by yotsuba0623 | 2010-07-22 00:00 | 不登校以前
  
メイはクラス替えはなく、持ち上がりで2年生になりました。
4、5月はサツキは時々遅刻していましたが、メイは大丈夫でした。

でも6月になると、朝、トイレから出て来なくなります。
「うんちが出ないと学校に行けない」
済ませられたら出て来ますが、そうでないとずっと入ったまま。
「もう出ないよね。学校へ行こう」
すでに遅刻なので、私と一緒に登校しますが、
教室へは寄らずにトイレへ直行します。
「ママ、メイが出て来るまで待っててね」
「もう、行かなくちゃ」
「いやー!行かないで」
そこで済ませられたら教室へ。
授業中なら扉のところで先生へお願いします。
休み時間なら「メイちゃんだ!」と男女数人が駆け寄ってきて、
手を引かれながら教室の中へ消えていきました。

しばらく待って出ない時は、教室の扉のガラスから先生に会釈をして
「メイは来ています」とお知らせしました。
授業を抜けて来て下さった先生(女性)へバトンタッチ。
「メイちゃん、お母さんはお仕事だから、もう帰ってもらうね」
と、声をかけて下さいます。
メイはその後、先生の1〜2回の声かけで、教室に入っていたようです。

サツキ同様、クラスで問題があるという事ではありませんでした。

メイが普通に登校できる日はサツキが起きて来ない。
サツキが登校した日は、メイがトイレから出て来ない。
私は毎日学校へ行っているようなものでした。
メイを送ったあと家へ戻り、サツキを病院へ、それから再度学校へと、
二往復する日もありました。
夫がサツキを、私がメイをという日もありました。


何故、娘達はこんなになってしまったのか......
その頃、夫と私は毎朝行かせようと必死でした。

二人とも学校へ行ってしまえば、あとは楽しそうに帰ってきます。
それはなぜ?


市の教育相談に行く事にしました。
by yotsuba0623 | 2010-07-21 01:01 | 不登校以前
   
クラス替えがあってスタートした新学期、
サツキは体調不良を訴えることが多くなりました。
お腹、首、足首、目、次々と痛いところが変わります。
病院へ行ってから登校する日々...
朝、起きられないと遅刻も増えていきました。

教室まで送っていくと、何人もの友達がいつも笑顔で迎えてくれました。

「サツキ!待ってたよ!!」

力のない笑顔で答えるサツキ。
学校で何か問題がある、という事ではないようでした。


塾には、体調が悪いということで宿題のことは大目にみてもらいました。
休まず行っていましたが、塾の入り口で体調が悪くなり
急きょ他の日に振り替えに、となる日もありました。


合唱団の朝練、そろばんは行ったり行かなかったり...書き方は退会。

6月、ピアノの発表会がありましたが、
練習不足がそのまま出てしまっていました。
つっかえる、止まる…今までの発表会でこんな事は一度も無かった...
それでもピアノは続けたい、モダンバレエもやめたくないと言います。


元気が無くて、いつも身体がだるそう。
ちょうど生理も始まって、身体も心も変化する時?
サツキの体調不良はそのせい?
養護の先生に相談すると「ホルモンのバランスが崩れているのかも」、
小さい頃から診ていただいている小児科の先生からも同様なお話しでした。


7月、今度は学校の宿題が出来ないと、夜寝るのが遅くなっていきました。
23時、23時半...そういう時は決まって不機嫌になり、
腹痛を訴えることもありました。




・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*∴*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・

自転車で20分ほどの農園にブルーベリーを摘みに行った時の事です。

最初、黙々と摘んでいたサツキでしたが、
すぐに「疲れた、帰りたい」と言いだしました。
まだまだこれからなのに…
不機嫌な顔をして、大きな声で
「帰る!帰りたい!ねー、今すぐ帰ろうよ!!!」
「ひとりでは帰り道がわからないから無理。もうやめて帰ろう!!!」
と言ってききません。
近くにいた農園のご主人が、こちらをみて怪訝な顔をしていました。

最近こういうことが多い…
余裕のないサツキ、難しい年頃の行動?
思春期に入ったから、としてしまっていい?...私にはわかりませんでした。
by yotsuba0623 | 2010-07-19 01:01 | 不登校以前