カテゴリ:復学支援( 5 )



急なお知らせですが…
エンカレッジの親睦会が開催されることになりました!


*******************************

日時 6月22日(土)12:00〜15:00
   (同じお店で16時ころまで延長、または2次会で別な場所へ)
場所 東京駅近くの中華レストラン

*******************************


エンカレッジで支援中の方、卒業された方々、
上野先生を囲んでランチしながらお話ししませんか?

パソコンの方は右上プロフィールに私宛のアドレスがあります。
ご連絡はメールで私へ送っていただくか、
上野先生へ直接ご連絡いただくか…
ティカさんのブログのメールフォームからでもOK!
何らかの方法でお願いいたします (*^^*)

おひとりでも多くの方とお会いできたらと思っております。
ご連絡をお待ちしています (*^ー^)ノ



にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
↑応援ぽちっとしていただけると嬉しいです (*^-^*)ゞ

by yotsuba0623 | 2013-06-12 12:17 | 復学支援
6月30日、エンカレッジの親睦会へ行ってきました。
私は昨年、復学前に初参加。なので今回は2回目になります。

ー*-*-*-*-*ー

初めての時はとても緊張しました (>_<)
復学支援を知るきっかけになったティカさんに会える!…ドキドキ
不登校 → 復学支援 → 復学 → 継続登校
同じ道を通った方たちとお話しできる!…ワクワク
最初、上野先生が皆さんと親しく笑顔でお話しされている!と思いました。
それまでは緊張する場でしかご一緒しなかったので…(^_^;)
あたたかく迎えていただき、2次会まで参加しました。
私が久しぶりに笑うことができた数時間でした。
そこでたくさんのエールを受け、私は復学にのぞむことができました。

親睦会以後、集う機会がある度に積極的に参加してきました。
不登校や復学支援のことを大きな声で話せる場など、ほかにありません。
上野先生に出会えたのと同じくらいに、
多くの方と知り合えたことが、今の私の支えになっています。
親睦会はまた特別です。集まる皆さんは上野先生にお世話になった方々…
お知らせをいただいてから、ずっとこの日を楽しみにしていました。

ー*-*-*-*-*ー

すでに読まれていると思いますが...
ティカさんのブログで詳しく紹介されています →


私たち、女の子の母のテーブルはソフトドリンクでスタート!
上野先生を中心に話しがはずみました。
初めてお会いした方が3名(2名は私よりも前に復学された方でした)
どの方とも、初対面のような気がしなかったのがまた不思議で… (*'-'*)
今年1月に復学した女の子のお母さんは、
「支援に出会っていなかったら、まだ娘は戻れていないと思います」
というお話しをされ、それがとても印象的でした。
「支援を知った後、依頼を決心するまで時間がかかりました」
「まわりが過干渉気味、干渉しない私はなかなか理解されません」
などのお話しにも、大きく頷けました。
初対面でも理解し合える…それは同じ経験をしてきたからこそ、ですね。

先生は2次会の途中まで、ご一緒して下さいました。
私は4月に支援を卒業したので、朝のメールも電話相談も今はありません。
最後に、わが家の近況を報告することができました。


各家庭の状況は様々でも、めざすところは同じ…子供たちの自立です。
今回のテーマは「ぶれない子育て」by Tさん ← 勝手に命名 (*^m^*)
会の最後まで、何度も出て来たフレーズです。
「移動教室に持っていく荷造りを、母がやってしまってOK?」
────どこに何が入っているかわからなくなるから本人に。
「子供の重たい荷物を母が持って、見送りに行くのはOK?」
────普通に送り出し、後からそっと気づかれないように見送る…かな?
おもしろ可笑しく、上手にお話しされるTさんが実践されていることは、
大変勉強になりました。話術の伝授は無理でも、対応は取り入れ可能 (^_^)v
わが家はまだまだ甘い…と、反省しました。

先生がいらっしゃらなくても、自然と家庭教育の話しになりました *:・’゚☆

1月に復学した男の子のお母さんは、
以前、別な会でご一緒させていただいた時は復学前。
今回で2度めですが、表情がとても明るくなったと感じました。
本来の自分を取り戻して来られたのだと思って嬉しくなりました。

私は娘達の事で、皆さんからたくさんのアドバイスをいただきました。
何度も顔を合わせているのに、初めて伺うことに驚いたり、
「どう、順調?」とさらっと聞いて下さる方がいらしたり…
たくさん笑って勉強にもなった数時間はあっという間!

2次会で7時間も居座った(?)お店は、お茶もお酒もOK。
最初から最後までビールの方もいらっしゃいましたが...
私は、お料理 + 紅茶→ビール→紅茶→コーヒー  お腹がタプタプ…(^_^;)
時間が許すまで過ごし、お帰りになる皆さんに「また〜」とご挨拶をして、
気がついたら最終メンバーに残っていました (>_<)
終電近い電車に揺られながら、参加された皆さんの笑顔を思い出し、
よし、また明日から頑張ろう!と思えるのでした。

上野先生、ありがとうございました。

次回は名古屋へ繰り出しそうな勢いです!
by yotsuba0623 | 2012-07-02 23:59 | 復学支援

6月23日、復学後1年のふたりのようすを簡単に...

━━━☆。.:*:
サツキ
登校に関しては問題なし。声かけもほとんど必要なくなりました。
土曜日ですが、お弁当を持って部活動に行きました。
7時過ぎに家を出て、帰宅は19時。
食事→テレビ、22時ころから自室で勉強。
宿題と期末試験が近いのでその勉強も進めているようです。
案外まじめかも (^_-)

━━━☆。.:*:
メイ
朝、数回声かけしますがギリギリまで起きてきません。
「走って行かなくちゃ間に合わないや〜」と言いつつ、動きはスロ〜〜
イラッときますが…お口チャックで見送ります ( ^-^)/゛
金曜日は「池でザリガニ釣ってたの!」と笑顔いっぱいの帰宅でした。
メイ = 次女 = 自由人 (^_^;

土曜午前中はパジャマでのんびり過ごし、
お昼に、夫と私にホットケーキを焼いてくれました。もちろん自分のも。
午後はメイのリクエストで隣町へ。
d0258224_16321446.jpg

川沿いの道を走る走る!
私とふたりで卓球2時間、いい運動をしてきました。


再登校記念日だった昨日の夜、部屋で勉強しているサツキと、
リビングにあるパソコンの前に座っているメイをそのままに…
夫と私は、ふたりに聞こえないようにワインでそっと乾杯しました。

「一周年、乾杯」
「お疲れさまでした」
「長かったような、短かったような」
「ホントにね…」

静かな夜のひと時でした。


メイは以前「学校に行き始めたのって6月何日?」と聞いてきました。
サツキは何も言いませんが、おぼえていると思います。
夫は曖昧で「今頃だと思っていたよ」と...

私にとっては、とてもとても大切な日!

再登校記念日 > ケッコン記念日 (*^m^*)  

いえいえ、そこは = で......?
by yotsuba0623 | 2012-06-24 16:42 | 復学支援
夫はすぐに先生方の本を読み、支援に前向きに考えてくれていました。

「学校へ戻るのが一番」

これは、夫も私も同じ考えでした。
ここの時点で夫にスムーズに話しが通りホッとしました。


連休直前の4月28日(木)朝一番に、
「早く電話しようよ」と夫にせかされながら、
サツキとメイが私の部屋に来ないよう願いつつ、受話器を持ちました。

……も〜、緊張でプルプルです……

幸運なことにすぐに繋がって、上野先生とお話しすることができました。



サツキとメイの状況をお伝えしました。
支援を経験した方のブログを読み、すぐにでも依頼したいと思っている事と
1学期の終わり頃にサツキの修学旅行があり、行かせてあげたいとも…

上野先生は、
「旅行前には戻してあげたいですね。でも、急ぎすぎると本人がキツい。
 一度、会ってお話ししましょう。12日に関東へ行くのでその時に」
と……

「学校へ戻すのはふたり同時に」とのお話しもありました。

先生が今まで支援してこられた中で、
姉妹ふたりの不登校のケースがあったことも伺いました。
偶然にも小6と小3の女の子、復学した年齢まで一緒です。
今、継続登校できているとのお話しに希望が持つことができました。

連絡先を交お伝えして電話を切った時は喉が乾いてカラカラで……


あぁ、でも良かった!先生にお会いできる!!!


12日の初回カウンセリングまで2週間 ……
その日が待ち遠しくて仕方ありませんでした。
by yotsuba0623 | 2011-04-28 23:59 | 復学支援
毎年4月から6月の間は、私の仕事が一番忙しい時期です。
家には学校へ行かない娘二人と、閉じこもったままの夫、
そして締めきり続きの私のシゴト……とても辛い状況でした。
でも、仕事があるのは今の自分にとっては良いこと、
頭を切り換えながら頑張ろうと思いました。

時には、サツキと一緒にバトミントンで身体を動かし、
メイのローラーブレードにも付いて行って、
毎回のトイレに付き合い、お風呂に一緒に入り、
メイが寝た後にまた仕事へ…

スーパーへ買い物に行く時間が惜しくて...というよりも、
知り合いに会うのを避けたくて宅配を利用するようになりました。
食事作りは夫が手助けしてくれていました。


ー*-*-*-*-*-*-


そんな中、仕事先の方が急な出張になりポッと手が空いた日がありました。



メイの不登校、
小学生低学年の不登校ってどういうことなんだろう……

それまでは不登校関連の本を注文して読むだけでしたが、
この時にはじめて、ネットで検索してみようと思い立ったのです。

「不登校」
「小学3年生」

と打って検索……



あちこち覗いているうちに、
ティカさんちゃろさんブログへ辿り着きました。



不登校になった子供を学校へ戻す?

復学支援って??


待つ他にないと思っていましたから、
ただ驚くばかりでした……



真っ暗闇の中にいる私に、一筋の光が差してきた!!そう感じました。



長く休んでいた子を学校へ戻すのには、多くの準備が必要なこと、
そして、学校へ戻っても継続登校がどれほど大変な事なのか、
とても詳しく書かれていました。



私は自力で学校へ戻すことなど到底出来ない……
しかもわが家にはサツキとメイ、ふたりいます。
そして性格の難しい夫もいる。



これしかない!
私も復学支援を依頼したい!



ブログを書いておられる方が、相互にリンクを貼っていて、
良い関係であることも伝わってきました。

ティカさんのブログから上野先生のエンカレッジへ。
ちゃろさんのブログから藤本先生のFHEへ。
ぶにん先生のブログからペアレンツキャンプへ。
その3機関から家庭教育推進協会へ……


ー*-*-*-*-*-*-

ティカさんのブログのサイドに、
上野先生の著書「さよなら不登校」がリンクしてあって驚きました。
実は、2月に購入して読んでいたのです。
メイが行かなくなった直後でしたが、
サツキは少し休めば学校へ戻れると信じていた頃です。
再読してみると、確かにどのページも読んだ記憶がありました。
ここも、ここも読んでいる!!
そして、今回は内容にどれも大きく頷けました。

ー*-*-*-*-*-*-


藤本先生と水野先生の本をネットで購入し、
すぐに夫に相談しました。

復学支援のことを話し、3冊の本を渡しました。
読んでほしいブログも伝えました。


そして、次の日の朝には「とにかく電話してみよう」と言ってくれました。


ゴールデンウィーク直前のことです。
by yotsuba0623 | 2011-04-26 23:59 | 復学支援