修学旅行へ……メイ

  
ふと思い立って、メイが復学した頃のメモ書きと、
会話ノートを読み返してみました。

小学3年生のメイは、

毎朝「服はどれを着ればいいの?」と私に聞いてきたり…

学校から帰って来るとインターフォン越しに
「ママ、怖いから下まで迎えに来て」と毎回言ってきたり...

トイレやお風呂に入る時はいつもドアを開けたままで、
「ママ、終わるまでここに居てね!いなくならないでね」
「ひとりじゃ怖いから扉の前にいてね」
私が少しその場を離れただけで、それはもう大騒ぎ ε=(´д`lll)

他にもいろいろ (+ω+。)
3年前のメイがそんな状態だったことをすっかり忘れていました。


*_*_*_*_*_*

インテークで「まず最初に何をすべきですか?」と質問した時に、
「サツキちゃんとの関係をキープすること。それとメイちゃんとの母子分離ですね」と、先生に言われました。

母子分離……その言葉にハッとしたのを覚えています。

すぐに、メイへの関わり方を見直そう!
「○○出来ない、怖いから○○して!」などの要求の全てに答えていたけれど、これからはメイがひとりで出来る事を増やして行こうと思いました


*_*_*_*_*_*

実家に泊まりに行くような時は、一緒に荷造りして、移動中は重いだろうと持ってあげたりもしていましたが、それをやめ、全てメイに任せることにしました。

リュックに何を入れたのか、私は確認しません。
お風呂に入るときに「パンツ忘れた!」
「あ、DSの充電器忘れた!!」」はしょっちゅうで...
あれもこれもと欲張って、マンガやゲームなどを詰め込んだリュックが
「重すぎるーー」と悲鳴を上げていた時もありました。

何かある度に学習して、メイは荷造りが上手になって行きました。


*_*_*_*_*_*

何をするにも私を頼っていたメイが、
毎日、天気を見ながら洋服を選べるようになって、
帰宅して「下に来て」と言わなくなったのは随分前のこと。
トイレのドアを閉めるようになったのは昨年あたり?
真冬でも開けたままだったお風呂の扉を閉めるようになったのは、つい最近のことです…( ´艸`)
忘れていたけれど、こういったことの成長もとても嬉しい~♪


*_*_*_*_*_*

遠足の時は「しおり」を見ながら自分で準備していたけれど、
泊まりで行く修学旅行はどうするかしら?と思っていたら……

準備を始めたのは前日で(やっぱりギリギリ)、
「しおり」を見ながら、自分に必要な酔い止めの薬や、
ナイトハイクに使う小さい懐中電灯など、
せっせと近所のお店に買いに出かけて行きました。

「1日に4回も買い物に行くなんてはじめて!」とか言いながら (^_^;)

わからないことがあると友達に聞いたり、私に確認しに来たりして、
20時半頃、自分で準備完了〜!
「明日、見送りに行かなくてもいい?」
「うん、いいよ♪」

当日の朝は、リュックを背負い、重いボストンバッグを肩に担いで
笑顔で出かけていきました。


*_*_*_*_*_*

サツキの小学校の修学旅行は復学した日から10日後でした。
準備するにも色々あって、家を出るまでがまた大変で...
表向きは平静を装っていましたが、心臓が口から飛び出そうなくらいドキドキハラハラ…… (*_*)

そんなサツキの修学旅行に比べたら、なんて楽ちん (=゚ω゚)ノ


メイがひとりで準備して行けた事、お母さんはとても嬉しかったよ♪
台風が近づいて来ているけれど…… (⊃-^)
みんなと一緒に楽しんできてね!





にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
↑応援ぽちっとしていただけると嬉しいです (∩^o^)⊃━☆゚.*・。
by yotsuba0623 | 2014-09-25 13:04 | メイ-小6