規律性調節障害? サツキ 小5-11月

  
学芸会が終わってから...

朝「お腹が痛い」と言った後、深く眠ってしまうことが多くなりました。
10~11時頃声をかけると苦しそうに起きて、元気なく学校へ向かいます。

自律神経系の病気?
規律性調節障害?
親戚に、そう診断された人がいて、症状が似ていると感じていました。
規律性調節障害の本を読み、著者の方のHPを見ました。
そこには全国の相談できそうな病院が紹介されています。
バスや電車で行ける病院をいくつか検討し、サツキと一緒に行きました。
選んだのは小さな個人病院。私達と同じような母娘の姿もありました。

診察時、サツキは先生の言葉に頷く、首をふる等で答えて、
「学校へ行きたい」とだけ、言葉で伝えていました。
本で読んでいた「起立試験」はありませんでした。
「鬱っぽい。学校へ行きたいと思っているなら、薬の力を借りてみよう。
 心配しなくていいです。ほんとに弱い薬だから」
処方されたのは、抗うつ剤、血管を収縮させる昇圧剤、睡眠導入剤など5種類。HPに病院の名前があがっている…それだけでしたが、疑うことはしませんでした。少しここに通って様子をみてみよう。そう思いました。

サツキはそれらの薬を一回分ずつケースに小分けして、大事に持ち歩いていました。まるでそれをお守りにしているように……
決められた量の薬を飲みながら、それから1週間は普通に登校。
社会科見学にも参加することできました。


*・⌒・*・⌒・*・⌒・*・⌒・*・⌒・*・⌒・*・⌒・*・⌒・*・⌒・*・⌒・*・⌒・*・⌒・*・⌒・*
メモから

社会科見学から帰った夕方、スクランブルエッグを作ろうとしていたサツキ
そこへ、外出していた夫が帰宅しました。
「ちょっと待てよ、すぐに○○作るから!
 それに卵使い過ぎだよ!朝、食べただろう?」
「だって、夕ご飯のおかずで作るんだよ。
 お母さんもメイも食べると思ったから作るのに、もういい!!」

「お父さん、イヤ!!!」
そう訴えることばかりでした。
by yotsuba0623 | 2010-11-27 01:01 | 不登校以前